【イルプル】シャルロットゥ・ポワール

体験レッスンの時に、このシャルロットゥ・ポワールを作って、あまりの美味しさに感動したのと、こんなすごいものを自分で作ってしまったことにびっくりして、即入門速成科に通うことを決めたのが1年半前。1年間、入門速成科に通って、やっぱり本科にも通ってみたいという欲が出て、ついに今年の春から本科に入学!そして、、思い出のシャルロットゥ・ポワールを再度作ることになりました~。
f0129928_7425648.jpg

ビスキュイは何度作っても緊張する~。材料の混ぜ方によって、全然違う出来上がりになってしまうんだもの。高さがあって、しっかりだけどさっくりした食感の生地が理想なんだけど、未だに、どの時点で混ぜを終了させて良いのかいまいち分からない。。いつも先生に頼って、「もう大丈夫ですか?」て聞いちゃうからかな。それにしても、「あと○○回混ぜればOK」と教えてくれる先生、さすがだわ!一人一人の違う生地を見て、出来上がりが同じになるように○○回という数字がでてくるのがスゴイ!!

ババロア部分には、イタリアンメレンゲが入っています。これが入るか入らないかによって、随分味に違いがでてくる気がする。生クリームだけの時と比べて(入門速成科では、生クリームだけで作った)、柔らかな軽い味。でも、しっかりコクもあるのよね。入門速成科で作ったババロアは、家庭で作るのにお手軽で、十分美味しい。でも、やっぱり本物の味(お店の味)を知ってしまうと、こだわりたくなっちゃうのよね。。しかし、イタリアンメレンゲは、まだまだ恐れ多くて、一人でチャレンジする気にならない。すでにイタリアンメレンゲを一人でお家で作って復習している方々を、尊敬しちゃいます。。
f0129928_7563087.jpg

洋ナシを2段はさんでいます。ビスキュイ生地が間に入らないうえ、ギリギリのゼラチン量で固めているので、切る時に難しく、お皿の上に載せるとなんとなく頼りないの。試食会に来てくださる人数分を確保しようと12分割してみたけど、やっぱりちょっと無理があったような。。やっぱりこの類のケーキは、思い切って大きくドーンと切るのがポイントですね☆
[PR]
by petit-salon | 2007-07-02 07:59 | イルプル
<< 【イルプル】ブレズィリアン 【プチサロン】今月締めの試食会 >>